東北海道鉄道撮影地ガイド + 鉄音 道東近辺(主に釧路界隈)の撮影地ガイドです。少しだけ『鉄音』もあります。

東北関東大震災情報まとめ

東北関東大震災義援金

 

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Google Map Logo
=GoogleMapsにて全撮影地を公開中=

国鉄色キハ40情報

 

GOMIZERO CLUB

 

<<  2008年 2月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  

全ページランキング

最近の記事
【告知】ブログお引っ…
04/16 21:14
【出張】久しぶりの東…
04/07 14:52
【FMくしろ】鉄道番…
04/05 10:33
【鉄道コレクション】…
03/30 09:17
流氷見ながら流氷ノロ…
03/25 14:42
【釧路川】木材回収始…
03/16 14:44
【東日本大震災】震災…
03/14 09:55
流氷をゆく流氷ノロッ…
03/11 14:15
SL冬の湿原号スナッ…
03/08 09:41
冬の湿原号・重連運転…
03/02 16:59
最近のコメント
おしゃぶり好きのお…
babybaby 05/16 04:56
Youre the …
Brysen 05/13 16:17
Youre the …
Brysen 05/13 16:16
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 04:31
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 15:39
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 14:49
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 15:50
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 15:57
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 17:32
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 15:47


全アクセスランキング

最近のトラックバック
PowerShot …
11/23 18:45
"SLとかち"第2日
09/06 22:42
SLとかち号復活
07/26 09:32
2010/05/07…
05/21 00:27
【鉄道】キハ40系国…
03/16 18:31
JR最南端の駅・西大…
04/23 20:24
京浜急行 2100形
03/18 17:25
日豊本線 817系
09/30 18:34
嘉例川駅(鹿児島県)
09/14 06:01
特急 まりも
09/07 01:01

mixiを見る

【花咲線】 別当賀-落石

根室本線の釧路以東、いわゆる『花咲線』の鉄道風景で一番メジャー?な場所です。
といっても、秘境度は満点!!

【作例1】線路脇より
落石01
Nikon F90Xs SIGMA APO TELE 300mm F4

釧路からも結構遠く、落石の集落まで2時間以上はかかります。
行き方としては、国道44号を延々と厚床まで走ります。
厚床駅へ曲がる交差点の先右側に「セイコーマート」があるので、そこを右折。
少し走ると「初田牛方面」の看板が出てくるので、それに従い左折。
そのまま道なりにいくと落石に行けます。(セイコマから20分くらい)

根室本線の踏切を渡るとT字路に突き当たるので、そこを右折します。(左折すると落石駅方面)
そのまま道なりに集落に入り坂を下っていくと落石港の入口がありますが、その先を右折します。
そのまま細い道を道なりに進むと、左手に昆布の干場がありその先に空き地があるので、そこにクルマを駐車します。
夏場は漁師の方の邪魔になるかもしれないので、フロントガラスに名前と携帯番号のメモを挟んでおくと良いかもしれません。
落石_地図
さて、ここから撮影地の丘に向かいます。
目の前の丘をそのまま正面の小高い丘に向かって歩きます。
夏場だと草の高さは膝くらいですが、長靴でいくのをオススメします。
傾斜地を延々と歩きますが、地盤は固いのでそれほど疲れません。
8分程歩くと撮影するポイントに到着します。
撮影ポイントは有名なのか、草が踏み固められていてすぐ分かります。
撮影場所は夏場でも風が強いので注意。
また場所がら、霧がかかりやすいので、十分注意のこと。
レインウエアのスボンを履いておくといいかもしれません。

撮影ですが、左側の落石海岸を入れるなら広角レンズが良いです。
撮影スポット以外にも色々な場所で撮影することができます。
広角~望遠までOK
ただ列車本数が少ないので、そんなに撮り分けは出来ませんが…
列車到達時間は、下り別当賀駅から5分程度、上り落石駅からは3分程度です。

【作例2】撮影ポイントより
落石02
Nikon D80 SIGMA 17-70mm F2.8-4.5

落石朝日食堂
落石市街の落石郵便局向かいに、落合集落では2軒だけあるうちの1軒の食堂(朝日食堂)があります。
(もう1軒は落石漁港のほうにあります)
旅人が時折寄るのか、旅ノートがありました。
画像は【エビラーメン(600円)】

後日談ですが、後でこの食堂が知人の実家だったことが判明してビックリしました(笑)

参考書籍
【北海道鉄道撮影地ガイドBEST60+2】P126
【お立ち台通信 vol.1】P39 (僕のガイドが載ってます)



根室本線 | 投稿者 鉄ネット・タカ 20:30 | コメント(0)| トラックバック(0) Twitter「つぶやく」ボタン
ブログパーツ アクセスランキング

【鉄音】京浜東北線209系車内音

先頃、京浜東北線の209系が全てE233系に置き換わるアナウンスがありましたね。
自分の中では、209系はかなり最近な車両の感じするんですが(^_^;)
ここ10年くらいは、低コストで製造して耐用年数も国鉄時代に比べると格段に落としてるんですね。
中央線で201系が現役なのを見ると、本当に時代の流れを感じます…

そんな訳で、去年12月に東京出張した時に録音した、京浜東北線の車内音なんぞをアップしてみます。

京浜東北線(モハ208)蒲田→川崎 (5.79MB)
鉄音 | 投稿者 鉄ネット・タカ 20:30 | コメント(0)| トラックバック(2) Twitter「つぶやく」ボタン
ブログパーツ アクセスランキング

【お立ち台通信 vol.1】に掲載されました。

少し古いネタですが、先日発売された【お立ち台通信 vol.1】に、ガイドが2ヶ所掲載されました(^_^;)
発売の数日前に、掲載誌が何の前触れもなく送られてきたので、ビックリしました。

お立ち台通信1

引っ越し前のYahooブログには、ガイドを載せています。
こちらでもそのうちアップしようかとは思ってますが…

本屋で見かけたら、手に取ってみてください。
(本名バレバレになるけどね…)
お立ち台通信2


雑記 | 投稿者 鉄ネット・タカ 22:55 | コメント(2)| トラックバック(0) Twitter「つぶやく」ボタン
ブログパーツ アクセスランキング

SL冬の湿原号&DF200貨物

今日は少し時間できたので、釧路川を渡るSL湿原号とDF200貨物を撮影してきました。

午前中は珍しく雪が降ってたんですが、やはり俯瞰気味だと雪に邪魔されました…
地元民以外はなかなか目が行かないであろう場所から撮ってみたです。
SL湿原号02
根室本線 釧路-東釧路
Nikon D80 SIGMA 28-200mm F2.8-5.6(35mm換算105mm)
S=1/500 f=6.7 ISO400

午後は雪もやんだんですが、逆に午前中より寒い…
DF200貨物01
根室本線 新富士-新大楽毛
Nikon D80 Nikon AiAF85mm F1.8(35mm換算127.5mm)
S=1/500 f=8.0 ISO400




SL冬の湿原号特集 | 投稿者 鉄ネット・タカ 20:46 | コメント(0)| トラックバック(0) Twitter「つぶやく」ボタン
ブログパーツ アクセスランキング

SL冬の湿原号

本日午後、仕事で標茶町に行く用件あったので、カメラを持って行きました。
ちょうど、湿原号が折り返し運転で釧路に向かう頃だったので、標茶-五十石間の適当な場所で撮ってみました。
流石に手持ちでは辛いですね…

SL湿原号01
Nikon D80 SIGMA APO300mm F4(35mm換算450mm)
S=1/750 f=8.0 ISO640
SL冬の湿原号特集 | 投稿者 鉄ネット・タカ 21:11 | コメント(0)| トラックバック(0) Twitter「つぶやく」ボタン
ブログパーツ アクセスランキング

【花咲線・釧網線】 釧路-東釧路

釧路駅から比較的簡単に撮影できるスポットです。
駅から歩いても20分くらいで到達できます。
「SL冬の湿原号」運転時には、撮影者で賑わう場所です。
釧路川 作例1
【作例1】Nikon D80 SIGMA 17-70mm

クルマの場合は駅からすぐ脇の道を左手(バスセンターの前の道路)に進むと、国道44号との交差点に出ます。
その先が旭橋です。
クルマは釧路川を渡って側道に入り降りた所をUターンします。
道路脇に社宅跡があるので、その入口付近に駐車することができます。
釧路川 地図

作例では、旭橋の上から撮影していますが、河原縁からも撮影できるので、撮影ポイントは他にも色々とあると思います。
右岸、左岸両方から撮影可能です。

光線状態は終日ほぼ順光です。
釧路川 作例2
【作例1】Nikon D80 SIGMA 17-70mm
根室本線 | 投稿者 鉄ネット・タカ 20:24 | コメント(2)| トラックバック(0) Twitter「つぶやく」ボタン
ブログパーツ アクセスランキング

【釧網本線】塘路-茅沼 =二本松=

通称【二本松】と呼ばれる場所です。
塘路湖をバックにする場所としては、ザルボ展望台がSL時代から有名ですが、現在はこちらのほうが行きやすいということで有名なようです。
二本松 作例1
【作例1】Nikon D80 SIGMA 28-200mm

釧路から国道391号を標茶方面に40分程走ると右手に塘路湖が出てきます。
ザルボ展望台の駐車場手前を左折します。(コッタロ湿原の看板)
踏切を越えて道なりに3分程走ると右手に小さい道が出てきますのでそこを右折します。
しばらくするとちょっとしたスペースがありますので、ここに駐車します。
道はまだ丘に通じていますが、夏場でも余程慣れた人でないと普通乗用車で入るのはお薦めしません。
雨上がりだとスタックする可能性大です。
SUVやクロカン4駆であれば、進入は可能です。(冬場は微妙)

坂道を上ると二股になりますから、そこを右に入ります。
小さな林を抜けると右に別れるT字路がありますからそこを右折します。
SUV等で進入された人はここが駐車場所になります。
150mくらい歩くと撮影場所になります。
突き当たりの場所がベーシックな場所ですが、右手奥に進むと同じようなポイントに行けます。
二本松 地図

冬場(作例1)は枯れ木なので撮影に困りませんが、夏場(作例2)は草木が生い茂っているので、望遠系以外では良いフレームは望めません。
塘路湖に併走する正面は夏場・冬場共にOKなのですが…。

【SL冬の湿原号】が走っている期間は多くのファンが訪れる場所ですが、撮影スペースはあまり大きくないので、早めに行くことをお薦めします。

列車到達時間は、塘路駅基準で上り(網走方面行)が+2分、下り(釧路方面行)が-2分といったところです。
二本松 作例2
【作例2】Nikon D80 SIGMA 28-200mm
コンビニ等は周辺にありませんので、買い物は釧路市内で行ってください。

【北海道鉄道撮影地ガイドBEST60+2】 P128




釧網本線 | 投稿者 鉄ネット・タカ 20:34 | コメント(0)| トラックバック(0) Twitter「つぶやく」ボタン
ブログパーツ アクセスランキング

【釧網本線】細岡-塘路 =新夢が丘=

釧網本線の「冬の湿原号」「ノロッコ号」のパンフレットなどでよく見かける撮影場所です。
通称【新夢が丘(又はスーパー夢が丘)】
5年くらい前に2度だけSLを撮影しに行きました。
地図でめぼしい場所を見つけたもののどうやって行くのか!?
ネットでググって色々と調べた結果、どうやら線路伝いに延々と歩くらすい。
そういう場所なので、書籍や営利サイトではまったく紹介されていない。
僕が今まで経験した中でナンバー1の難易度&秘境ポイントです。

新夢が丘 作例1
【作例】Nikon F90Xs SIGMA 28-200mm

釧路からは国道391号を標茶方面に30分程走ります。
「細岡展望台入口」の看板に沿って左折。
道なりに進むと釧網線の踏切を越えた右側にカヌーの乗降場があるので、そこの空き地に駐車します。
ちょうど細岡駅のすぐそばなので、鉄道利用でも楽に到達できます。(この場所までは…)
ここからは危険度も増します。
線路脇を延々と歩くので、釧網線のダイヤには十分留意してください。
カヌー乗降場そばの踏切から線路を伝って歩きます。
延々と歩きます。
15分程続く直線でかなり戦意喪失します。

新夢が丘 地図

右カーブを過ぎてしばらく行くと右手に湿地帯が現れます。
そこの先で、内部に入る場所があります。
目印はヤチの上に置かれた「ビールケース」
ちなみにここまで徒歩で20分程。
そこから目の前にある山を登ります。

しばらくすると、昔林道だったと思われる道が山の頂上に向かって現れるので、そこを延々と歩きます。
結構急な坂道を20分程歩くと、最果ての撮影ポイントに到達できます。
僕が撮影した当時は伐採された後でハゲ山状になっていて、何十人の撮り鉄さん達がいても問題ありませんでした。
(現在はわかりません)

ここから見る釧網線と釧路川、釧路湿原は【絶景】です!!

湿原をバックに俯瞰気味に撮影する場合は、135~200mmの中望遠で。
300mm以上あれば列車を大きく切り取ることができます。

この場所は、冬場はSL撮影で賑わう場所なので、常連さんらしき人に話しかけるとそんなに苦労せずに到達できます。
但し、10cm程度の圧雪路を歩かないとならないので、体力的にキツいです。

夏場は行ったことありませんが、地域的に【ヒグマ】が生息してる可能性もありますので、細心の注意を払う必要があります。(あまりこの地域でクマが出たという話はききませんが…)

釧路町を出ると標茶までコンビニなどは一切ないので、食料調達は釧路市内で。
(塘路駅及び駅前には数軒のネイチャーセンターがあるので軽食は撮ることができます。


釧網本線 | 投稿者 鉄ネット・タカ 21:06 | コメント(0)| トラックバック(0) Twitter「つぶやく」ボタン
ブログパーツ アクセスランキング
ホビダス[趣味の総合サイト]