東北海道鉄道撮影地ガイド + 鉄音 道東近辺(主に釧路界隈)の撮影地ガイドです。少しだけ『鉄音』もあります。

東北関東大震災情報まとめ

東北関東大震災義援金

 

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Google Map Logo
=GoogleMapsにて全撮影地を公開中=

国鉄色キハ40情報

 

GOMIZERO CLUB

 

<<  2008年 10月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

全ページランキング

最近の記事
【告知】ブログお引っ…
04/16 21:14
【出張】久しぶりの東…
04/07 14:52
【FMくしろ】鉄道番…
04/05 10:33
【鉄道コレクション】…
03/30 09:17
流氷見ながら流氷ノロ…
03/25 14:42
【釧路川】木材回収始…
03/16 14:44
【東日本大震災】震災…
03/14 09:55
流氷をゆく流氷ノロッ…
03/11 14:15
SL冬の湿原号スナッ…
03/08 09:41
冬の湿原号・重連運転…
03/02 16:59
最近のコメント
おしゃぶり好きのお…
babybaby 05/16 04:56
Youre the …
Brysen 05/13 16:17
Youre the …
Brysen 05/13 16:16
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 04:31
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 15:39
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 14:49
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 15:50
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 15:57
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 17:32
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 15:47


全アクセスランキング

最近のトラックバック
PowerShot …
11/23 18:45
"SLとかち"第2日
09/06 22:42
SLとかち号復活
07/26 09:32
2010/05/07…
05/21 00:27
【鉄道】キハ40系国…
03/16 18:31
JR最南端の駅・西大…
04/23 20:24
京浜急行 2100形
03/18 17:25
日豊本線 817系
09/30 18:34
嘉例川駅(鹿児島県)
09/14 06:01
特急 まりも
09/07 01:01

mixiを見る

【釧網本線】塘路-茅沼(サルボ展望台・サルルン展望台)

以前紹介した【通称・二本松】に隣接する場所で、ちゃんとした展望台ですのでアクセスは簡単です。

サルボ展望台 地図
釧路市内から国道391号を標茶方面に40分程度走ると右手に塘路湖が見えてきます。
湖畔に沿って右にカーブするところの左手に展望台の駐車場があります。
そこから奥にある遊歩道を登っていきます。
遊歩道といってもかなりの急斜面に設置された階段なので、メタボな身体には相当堪えます(^_^;)
遊歩道立て看板
110m程で階段を上りきると二股に別れます。(ここまで3分くらい)
右手方面は有名な【サルボ展望台】へ、左手方面は後で設置された【サルルン展望台】です。
【サルボ展望台】までは230mでここから5分程度で到達できます。
立派な?施設が出てくるので、そこの上が撮影ポイントです。
お立ち台南東側からは、左手に塘路湖、右手に釧網線というアングルで撮影が出来ます。
人数的には両側各3~5名が限度で、SL湿原号の時は混雑が予想されます。(念のために脚立あると良いかも!?)

【作例1】釧路湿原ノロッコ号
サルボ展望台01
Nikon D80 AiAF Nikkor 85mm F1.8D
85mm(35mm換算:127mm)1/320 f8 ISO400 WB:晴天


西側からは遠くに湿原を走る釧網線が撮影できます。
夏場は霞がちですが、冬場はバックに雄阿寒岳・雌阿寒岳を写しこむことができると思います。

【作例2】釧路湿原ノロッコ号
サルボ展望台02
Nikon D80 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G + PLフィルター
80mm(35mm換算:120mm)1/200 f6.3 ISO400 WB:晴天


※くしろ湿原ノロッコ号が撮影できるのは、川湯温泉まで延長運転される10/1~10/26(2008年度)のみで、それ以外の期間は通常の釧路~塘路間の運転なのでご注意下さい。

【サルルン展望台】へは、先ほどの二股から540mあるのですが、こちらはアップダウンや急な階段があってかなりハードです。
冬場はかなり足場が悪そうな感じですね。
息を切らしながらようやく辿りつくと簡易な展望デッキが現れます。
足場的にはこのデッキが良いのですが、撮影ポジションでいくと前の空きスペースのほうが良さそうです。
夏場は木の葉が生い茂っていて、かつ丁度良い場所に白樺の木が3本立ってるので、アングルはかなり制限されます。
こちらのベストポジションは3名が限度と思われます。
湿原号が運転される冬場の休日は相当早くから場所を確保しないと難しいでしょうね。
ここは列車のバックに塘路湖が写し込めるので、そういうカットでは【二本松】よりも良い場所です。

【作例3】キハ54
サルルン展望台
Nikon D80 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G + PLフィルター
90mm(35mm換算:135mm)1/200 f7.1 ISO400 WB:オート


どちらのポイントも【一般の展望台】ですので、観光客やトレッキングの方が多く訪れます。トラブルが起きないようにお願いします。

【北海道鉄道撮影地ガイドNAVI-59】 P134


釧網本線 | 投稿者 鉄ネット・タカ 21:58 | コメント(1) | トラックバック(0) Twitter「つぶやく」ボタン
ブログパーツ アクセスランキング

【石北本線】旧白滝-下白滝(村名・白滝発祥の地)

紅葉の綺麗さでは、常紋峠よりも良いんじゃないか?と思える場所です。
「村名・白滝発祥の地」という、ちょっとした休憩所の脇という立地条件も良いです。
白滝発祥の地

撮影地までの行程ですが、生田原までは「生田原-金華」の項目を参照してください。


生田原を過ぎてそのまま遠軽方面に走り、遠軽市街入口付近で国道333号に入ります。
(そのまま道なりに進んでOKです)

丸瀬布を過ぎて7km程で左手に下白滝駅がありますが、その先眼下に旭川紋別自動車道のトンネルが見えた先の左側に駐車場が現れます。
この場所がいわゆる「村名・白滝発祥の地」です。
白滝発祥の地 地図
駐車場のすぐ下に東屋があってその隣に石碑が建ってるのですが、その奥が撮影ポイントです。
撮影できるのは下りのみで、上り列車は「後追い」になります。
撮影スペースはさほど大きくなく、5~6名くらい(三脚使用の場合)が限度のようです。

推奨レンズは35mm換算で70~135mmくらいが、線路脇の雄別川と渓谷を入れて撮影するのに丁度良い感じです。
編成のみですと200mmくらいが良いかもしれません。

【作例1】DD51 臨貨8073レ
白滝発祥 作例1
Nikon D80 SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
55mm(35mm換算:82mm)1/250 f6.7 ISO400 WB:曇天



【作例2】キハ40
白滝発祥 作例2
Nikon D80 AiAF85mm F1.8D
85mm(35mm換算:127mm)1/250 f6.7 ISO400 WB:曇天


コンビニは丸瀬布市街の国道沿いにセイコーマートがあります。

参考書籍
【北海道鉄道撮影地ガイドBEST60+2】 P100
【北海道貨物列車撮影地ガイドBEST50+3】 P30
【お立ち台通信 vol.1】 P28


石北本線 | 投稿者 鉄ネット・タカ 09:13 | コメント(0) | トラックバック(0) Twitter「つぶやく」ボタン
ブログパーツ アクセスランキング
ホビダス[趣味の総合サイト]