東北海道鉄道撮影地ガイド + 鉄音 道東近辺(主に釧路界隈)の撮影地ガイドです。少しだけ『鉄音』もあります。

東北関東大震災情報まとめ

東北関東大震災義援金

 

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Google Map Logo
=GoogleMapsにて全撮影地を公開中=

国鉄色キハ40情報

 

GOMIZERO CLUB

 

<<  2011年 4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全ページランキング

最近の記事
【告知】ブログお引っ…
04/16 21:14
【出張】久しぶりの東…
04/07 14:52
【FMくしろ】鉄道番…
04/05 10:33
【鉄道コレクション】…
03/30 09:17
流氷見ながら流氷ノロ…
03/25 14:42
【釧路川】木材回収始…
03/16 14:44
【東日本大震災】震災…
03/14 09:55
流氷をゆく流氷ノロッ…
03/11 14:15
SL冬の湿原号スナッ…
03/08 09:41
冬の湿原号・重連運転…
03/02 16:59
最近のコメント
おしゃぶり好きのお…
babybaby 05/16 04:56
Youre the …
Brysen 05/13 16:17
Youre the …
Brysen 05/13 16:16
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 04:31
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 15:39
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 14:49
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 15:50
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 15:57
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 17:32
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 15:47


全アクセスランキング

最近のトラックバック
PowerShot …
11/23 18:45
"SLとかち"第2日
09/06 22:42
SLとかち号復活
07/26 09:32
2010/05/07…
05/21 00:27
【鉄道】キハ40系国…
03/16 18:31
JR最南端の駅・西大…
04/23 20:24
京浜急行 2100形
03/18 17:25
日豊本線 817系
09/30 18:34
嘉例川駅(鹿児島県)
09/14 06:01
特急 まりも
09/07 01:01

mixiを見る

別当賀-落石の別地点

8月10日にNHKで放送された【クイズでGo】はご覧になりましたか?
今回は【通称・花咲線】が舞台でした。
出演陣は、渡辺徹にはなわ、安田美沙子でした。

ロケは7月とのことで、途中から雨模様でせっかくの景色がイマイチでした。
霧がかかっていてボツになったのか、別当賀から落石に向けての絶景区間の映像がなかったのが残念です。

12日に、根室方面に仕事で行ったので、帰りに落石に寄ってみました。
この日も天気は曇りでイマイチ…。

5年ほど前に行ってみた別当賀側からの林道を抜けるアタックをしてみました。
別当賀駅の裏側の農家から落石方面に砂利道を行きます。
途中ゲートがあって、そこから草が生い茂る林道を走ること20分(距離は5kmくらいです)。
線路脇の保線小屋(今は廃墟)にたどりつきます。
ちょうど落石の草原から撮影する真逆の場所になります。

まずは、根室行きの快速ノサップを

【快速ノサップ】別当賀-落石
0908_別当賀-落石01
Nikon D90 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G
150mm(35mm換算:225mm)1/500 f8.0 ISO200 WB:オート


そのまま後追いで、遠くに走り去る後ろ姿を
0908_別当賀-落石02
Nikon D90 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G
200mm(35mm換算:300mm)1/500 f8.0 ISO200 WB:オート


この列車は落石で、普通釧路行きと交換するので、急いで別当賀方向へ1km程戻ります。

S字カーブで上り列車を撮影してみました。
0908_別当賀-落石03
Nikon D90 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G
200mm(35mm換算:300mm)1/640 f8.0 ISO200 WB:オート

別当賀側はちょうど遠くに落石の集落が見えるので、晴れた日の夜に長時間露光で撮影してみたいですね。


根室本線 | 投稿者 鉄ネット・タカ 10:57 | コメント(2)| トラックバック(0) Twitter「つぶやく」ボタン
ブログパーツ アクセスランキング

【根室本線(花咲線)】厚岸-糸魚沢 =別寒辺牛湿原=

 厚岸町郊外に広がる別寒辺牛湿原を見渡す絶景ポイントです。
 鉄道旅通の間では絶景車窓が期待できるといわれている、根室本線の釧路-根室(通称:花咲線)の区間の中で、前半のハイライトとも呼ばれる場所です。
 湿原といえば釧網本線がメジャーではありますが、湿原のど真ん中を走るということでは、この別寒辺牛湿原のほうがダイナミックかもしれません。

 この撮影ポイントは、なかなか発見しづらいという難所(笑)
自分もこの場所にたどり着くのに何回かを要しました。
厚岸市街地より国道44号を浜中方面に7km程進むと、左斜め前に『厚岸水鳥観察館』(茶色い木の建物)が見えてきます。
撮影場所はその少し手前の小山です。
線路と国道が最接近する場所が目印です。
付近は釣りのポイントでもあるので、他にクルマが停まっている可能性もありますが、道路脇に5台程駐車するスペースがあります。
別寒辺牛湿原_地図1
山の上に小さな小屋(監察館の監視カメラ小屋です)があるのですが、かなり急傾斜の山です。
尾根の途中までは険しい感じで登らないといけないのですが、途中から小屋へ向かう小道が出てくるので、後半はかなり楽に登ることができます。

上り下り撮影することが可能で、光線状態は午前は下り方向(厚岸向き)が順光、上り方向(糸魚沢向き)が逆光で、午後はその逆です。
レンズは厚岸向きは中望遠以上、糸魚沢向きは300ミリ(35mm換算)以上がベターです。

【作例1】キハ54
別寒辺牛湿原01
Nikon D80 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G
200mm(35mm換算:300mm)1/500 f8 ISO200 WB:晴天日陰


厚岸市街にはコンビニ他、大手ドラッグストア、ホームセンター等があります。

参考書籍
【北海道鉄道撮影地ガイドNAVI-59】 P144
【お立ち台通信 vol.3】 P54(拙者ガイド)

根室本線 | 投稿者 鉄ネット・タカ 09:02 | コメント(0)| トラックバック(0) Twitter「つぶやく」ボタン
ブログパーツ アクセスランキング

【根室本線】上厚内-厚内

中望遠以上のレンズで狙うとキレイなS字カーブの列車を撮影できる場所(A地点)です。
釧路からは国道38号を帯広方面に走り、上厚内駅手前のトンネルを抜けてすぐの跨線橋の上が撮影ポイントです。
上厚内地図
撮影ポイント左側(釧路から来た場合)にクルマ2台程度駐車できるスペースがあります。
S字カーブは下りがメインですが、上り列車は後追いになります。

【作例1】キハ283系 スーパーおおぞら
上厚内作例1
Nikon D80 Sigma 28-200mm F3.5-5.6 ASPHERICAL MACRO
102mm(35mm換算:153mm)1/125 f5.3 ISO180 WB:オート


【作例2】キハ183系 まりも
まりも06
Nikon D80 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G
150mm(35mm換算:225mm)1/100 f5.6 -1.0EV ISO800 WB:晴天


逆向き(B地点)からは上りが狙えます。
この場合は駐車位置からそのまま林道を下っていく(冬は厳しい)か、歩いて土手を降りていくと鹿柵とちょっとした丘に出ます。その丘の上が撮影場所です。
丘へはかなり急なので、機材は何回かに分けないと厳しいかもしれません。また、撮影スペースは狭く足場も悪いので1名が限界です。

【作例3】キハ283系 スーパーおおぞら
上厚内作例3
Nikon D80 Sigma 28-200mm F3.5-5.6 ASPHERICAL MACRO
92mm(35mm換算:138mm)1/500 f8.0 +1.0EV ISO400 WB:オート


撮影場所の国道は交通量が多いので、撮影及び道路の横断には十分に注意してください。
列車で来る場合は上厚内駅から国道38号に出て、釧路方面に1km程歩くと到達できます。

付近にコンビニ等はまったくありません。

参考書籍
【北海道貨物列車撮影地ガイドBEST50+3】 P110
【お立ち台通信 Vol.1】 P37
根室本線 | 投稿者 鉄ネット・タカ 15:39 | コメント(1)| トラックバック(0) Twitter「つぶやく」ボタン
ブログパーツ アクセスランキング

【根室本線】音別-尺別 (音別の丘)

『尺別-音別(尺別の丘)』に隣接するポイントです。
上記ポイントに比べるとマイナーな場所です。
【尺別の丘】に入る道のすぐ手前(釧路方面より)に左に入るダートがありますので、そこを左折します。
ちょうど道路の一番低い場所(この先から上り坂)で、草木が茂ってるので目立たないので注意
道路幅は1車線と狭く、また所々に大きな水たまりがあるので走行には十分注意してください。
しばらくすると開けた場所に出るのでここの駐車します。
この先線路淵までダートは続いていますが、轍が深くまたルーズな路面なので乗用車はここに停めて歩くのがベターです。
車高の高いSUVであればその先へ進むことができます。
音別の丘 地図

駐車場所から100mくらい歩くと線路に出ます。
線路脇、向かって右側の小さい丘の中腹が撮影ポイントです。

このポイントは主に上り列車を狙えます。
レンズは中望遠から超望遠
300mm以上のレンズではS字カーブをダイナミックに捉えることができます。

【作例1】DF200 2092レ
Nikon D80 SIGMA APO TELE MACRO 300mm F4
音別の丘 作例1

下り列車は後追いになります。
【作例2】キハ283系 スーパーおおぞら
Nikon D80 SIGMA APO TELE MACRO 300mm F4
音別の丘 作例2

光線状態は早朝~午前は逆光、午後~夕方が順光です。
根室本線 | 投稿者 鉄ネット・タカ 10:14 | コメント(2)| トラックバック(0) Twitter「つぶやく」ボタン
ブログパーツ アクセスランキング

【根室本線】 西庶路-庶路(庶路川橋梁)

庶路駅すぐそばの庶路川橋梁です。
並行する国道38号の橋の上からサイドを撮影できます。
橋のたもと(釧路側)に駐車スペースがありますので、そこから徒歩で橋まで歩きます。
この橋は大型車が通行する際に結構上下に揺れるので、スローシャッターの場合は注意が必要です。
庶路川 地図

コンビニは、庶路駅の前にセブンイレブンがあります。

【作例1】DF200 2095レ
Nikon D80 SIGMA 17-70mm F2.8-4.5庶路川作例1
根室本線 | 投稿者 鉄ネット・タカ 15:52 | コメント(0)| トラックバック(0) Twitter「つぶやく」ボタン
ブログパーツ アクセスランキング

【根室本線】 音別-古瀬-白糠(古瀬駅)

マンガ【鉄子の旅】にも登場したことのある、秘境駅探訪家の牛山隆信氏のWEBサイト【秘境駅へ行こう!】でも第7位にランキングされる古瀬駅そばのポイントです。
古瀬 地図

駅から徒歩3分程度と好立地で、古瀬トンネルから出てくる下り列車を撮影することができます。(A地点)
場所的には申し分ないものの、いかんせん秘境駅、鉄道利用で訪れるには厳しいものがあります。
古瀬駅に停車するのは下り4本、上り3本のみしかなく、駅へ訪れる目的のついでに撮影するのが良いかもしれません。
駅からは、駅前通りwを帯広方向に歩くとしばらくして舗装道路に出るので、そこを左折すると跨線橋が見えてきます。

クルマで来る場合は簡単で、白糠市街から音別方向に走ると登坂車線が出てきます。その坂を上りきったところに、『38番ラーメン』という店が出てくるので、そこを右折。
しばらくすると撮影ポイントにたどり着くことができます。

【作例1】DF200 2091レ
Nikon D80 SIGMA 28-200mm F3.5-5.6
古瀬作例1

この場所とは反対に、駅から釧路方面へ約1kmいくと踏切があり、そこ越えた所からカーブを走行する撮影が可能です。(B地点)

【作例2】特急スーパーおおぞら
Nikon D80 SIGMA 28-200mm F3.5-5.6
古瀬作例2

撮影の合間に古瀬駅を探索するのも面白いかもしれませんね。古瀬駅
根室本線 | 投稿者 鉄ネット・タカ 14:31 | コメント(0)| トラックバック(0) Twitter「つぶやく」ボタン
ブログパーツ アクセスランキング

【根室本線】 音別-古瀬(馬主来沼)

国道38号線沿いにある馬主来(パシクル)沼を入れてサイドから撮影するポイントです。(A地点)
パシクル沼 地図

白糠から音別方向へ一山越えると、右手前方に馬主来の湿原が眼下に広がります。
沼のすぐ手前に北に入る林道がありますので、そこの入り口にクルマを駐車。
撮影場所はそこから先のドライブイン(海側)まで、何カ所かありますのでお好きな場所でどうぞ。
上記以外の場所で撮影する場合は駐車場所はドライブインになります。
線路までは相当離れているので、300mm以上のレンズが必要です。

【作例1】特急まりも
Nikon D80 SIGMA 28-200mm F3.5-5.6
パシクル作例1

【作例2】特急まりも
Nikon F90Xs SIGMA APO TELE MACRO 300mm F4
パシクル作例2

B地点はドライブインから音別に向かう上り坂の手前の線路をオーバーパスする場所になります。
こちらは海沿いの道(根室本線と並行)に出る砂利道に入った場所になります。
2008/04/20エントリの『寝台特急まりも引退決定』での上段写真参照。
砂利道を音別方向に入っていくと『音別-古瀬』の撮影場所にたどり着くことができます。
※ガイドでは音別方向からのルートです。

参考書籍
【お立ち台通信 Vol.1】 P38
【北海道鉄道撮影地ガイドBEST60+2】 P118
【北海道貨物列車撮影地ガイドBEST50+3】 P114
根室本線 | 投稿者 鉄ネット・タカ 14:06 | コメント(0)| トラックバック(0) Twitter「つぶやく」ボタン
ブログパーツ アクセスランキング

【根室本線】新大楽毛-新富士

釧路市星が浦にある『道々釧路環状通』の跨線橋から下り列車を狙うポイントです。
2008/04/20エントリの【寝台特急まりも引退決定】での下段写真の場所でもあります。

新富士跨線橋 地図
地図上では新富士駅から近いように見えますが、徒歩だと20分以上はかかると思います。
この場所は、子供の頃によく自転車漕いで写真撮りに来た場所です。
(当時はここから自転車で20分程の鳥取に住んでいました)
当時はもっぱら新富士と現在高架工事を行ってる辺りで撮っていました。
キハ82系がまだ現役で、キハ183系の絵入りヘッドマークがバリバリ格好良かった時代ですw
当時の写真プリントをスキャニングしたものを【作例2】で紹介します。

国道38号線の星が浦交差点を左折(釧路中心部から来た場合)して、そのまま道なりに進むと跨線橋があります。
そのまま根室線を越えた先の交差点付近に空き地があるので、駐車することができます。

手軽に撮影出来るということを除けば、あまり見栄えのする場所ではないです(^_^;)

【作例1】特急まりも
Nikon F90Xs SIGMA APO TELE MACRO 300mm F4
新富士跨線橋作例1

【作例2】DD51+旧客+荷物列車(滝川-釧路で運転されていた普通列車)
Canon T70 N-FD70-210mm F4(スキャニング)
新富士跨線橋作例2

コンビニ等は跨線橋に至る手前にセイコーマートがあります。
根室本線 | 投稿者 鉄ネット・タカ 23:36 | コメント(2)| トラックバック(0) Twitter「つぶやく」ボタン
ブログパーツ アクセスランキング

【根室本線】 音別-古瀬

ここは根室本線でいちばん太平洋に近づく場所になります。
こちらも割合簡単に行ける所です。

釧路からは国道38号を帯広方面に走り、音別市街に入って大塚製薬の釧路工場の先を左折します。
線路を渡って十字路を左折。すぐに二股になるので左側に入ります。
しばらくいくと小さな橋を渡って砂利道を進みます。
2kmくらい走って2つ目の小さい川を渡った所が駐車場所になります。
ちなみに馬主来沼先の鉄道オーバーパスの手前からも入ってくることが可能ですが、今は途中で護岸工事を行っているので、平日は撮影場所まで来ることが困難となっています。
また、今の時期(秋)は海岸で秋味(サケ)釣りが盛んですので、駐車に困ったりフレームに自動車が入る可能性があります。
音別-古瀬 地図

線路を渡って、左手にある丘が撮影ポイントA地点です。
丘の上まで笹藪を歩きますが、所々ハマナスが群生しているのでトゲに注意
A地点は主に上り列車を狙います。(下りは後追い)
午前中は逆光、午後は半逆光になります。
レンズは標準系~望遠系までOKですが、太平洋をバランス良く入れる場合は中望遠が良いでしょう。
【作例1】DF200 2092レ
Nikon D80 AiAF 85mm F1.8
音別-古瀬 作例1

【作例2】キハ40
Nikon D80 SIGMA APO TELE MACRO 300mm F4
音別-古瀬 作例2

【作例3】DF200 2095レ
Nikon D80 SIGMA 28-200mm F3.5-5.6
音別-古瀬 作例3

コンビニは白糠市街にローソンセイコーマートが、音別市街ではセイコーマートが国道沿いにあります。

参考書籍
【北海道鉄道撮影地ガイドBEST60+2】 P118
【北海道貨物列車撮影地ガイドBEST50+3】 P114
根室本線 | 投稿者 鉄ネット・タカ 16:31 | コメント(0)| トラックバック(0) Twitter「つぶやく」ボタン
ブログパーツ アクセスランキング

【根室本線】 新富士-釧路 「新釧路川橋梁」

釧路市内で気軽に撮影出来るポイントです。
撮影ポイントは右岸左岸、並行する道路橋等と沢山あります。
釧路中心部から国道38号を帯広方面に走り、右手に釧路車両所が見えてきてその先の跨線橋を渡ると斜め左方向に見える橋です。
徒歩では新富士駅のほうが近く、B地点まで徒歩で10分程度です。
新釧路川 地図

A地点
国道38号の跨線橋が始まる部分のすぐ手前を左方向の側道を入っていき、奥にある下水処理場付近に駐車スペースがあります。
そこから、河川敷に降りた場所です。

【作例1】キハ183系旭山動物園号
Panasonic LUMIX FX-01 4.6-16.8mm
新釧路川作例1

【作例2】DD51+14系 急行まりも
Canon T70 FD55mm F1.2(スキャニング)
新釧路川作例3

B地点
地図上、線路のすぐ北側にかかる橋のたもとです。
こちらも線路を横切る跨線橋の下に駐車するスペースがあります。

【作例3】キハ56系急行狩勝
Canon T70 NewFD70-210mm F4(スキャニング)
新釧路川作例2

C地点
線路の南側にかかる西港大橋の歩道から狙います。
根室本線 | 投稿者 鉄ネット・タカ 23:49 | コメント(0)| トラックバック(0) Twitter「つぶやく」ボタン
ブログパーツ アクセスランキング

【根室本線】尺別-音別 (尺別の丘)

釧路界隈では、いちばん絵的に良い場所です。
また行きやすいところでもあり、数々の雑誌等で掲載されてる所です。

音別市街を出て国道38号を西に進み登坂車線の後に少し下った所に左手に火葬場へ入る道があります。
そこを入って行って突き当たりが駐車スペースです。
音別市街から5分くらいです。
尺別-音別 地図
撮影ポイントへは、駐車スペースのそばに海側へ向かって上る小道があります。
そこを登り切った場所や、その左手にある山の頂上が撮影場所です。
撮影場所はよく撮り鉄さんが来るからか、踏み固められていて数カ所足場の良い場所があります。
(A地点)
標準~中望遠クラスだと、海と尺別湿原を絡めて俯瞰気味(作例1)に、望遠クラスだと尺別湿原の中を走ってくる列車を捉えることができます。(作例2)
早朝~午前までが順光、午後は半逆光、夕方は逆光になります。

【作例1】DF200 2095レ
Nikon D80 SIGMA 17-70mm F2.8-4.5
尺別-音別作例1

春から秋へかけての早朝はが多発します。
晴れの日でも立ちこめる場合が多いので、こればっかりは『運』になります。作例2の撮影も5分前まで線路がほとんど見えませんでした

【作例2】特急まりも
Nikon D80 SIGMA APO TELE MACRO 300mm F4
尺別-音別作例2

また小道を登り切る手前を左に入っていくと、釧路方面の撮影ができます。
(B地点)
こちらはA地点と反対方向なので、午前は逆光、午後~夕方は半順光です。

【作例3】DF200 2092レ
Nikon D80 SIGMA 28-200mm F3.5-5.6
尺別-音別作例3

コンビニ等は音別駅と大塚製薬工場の間に『セイコーマート』があります。

参考書籍
【北海道鉄道撮影地ガイドBEST60+2】 P116
【北海道貨物列車撮影地ガイドBEST50+3】 P112
根室本線 | 投稿者 鉄ネット・タカ 20:57 | コメント(0)| トラックバック(0) Twitter「つぶやく」ボタン
ブログパーツ アクセスランキング

【花咲線】 別当賀-落石

根室本線の釧路以東、いわゆる『花咲線』の鉄道風景で一番メジャー?な場所です。
といっても、秘境度は満点!!

【作例1】線路脇より
落石01
Nikon F90Xs SIGMA APO TELE 300mm F4

釧路からも結構遠く、落石の集落まで2時間以上はかかります。
行き方としては、国道44号を延々と厚床まで走ります。
厚床駅へ曲がる交差点の先右側に「セイコーマート」があるので、そこを右折。
少し走ると「初田牛方面」の看板が出てくるので、それに従い左折。
そのまま道なりにいくと落石に行けます。(セイコマから20分くらい)

根室本線の踏切を渡るとT字路に突き当たるので、そこを右折します。(左折すると落石駅方面)
そのまま道なりに集落に入り坂を下っていくと落石港の入口がありますが、その先を右折します。
そのまま細い道を道なりに進むと、左手に昆布の干場がありその先に空き地があるので、そこにクルマを駐車します。
夏場は漁師の方の邪魔になるかもしれないので、フロントガラスに名前と携帯番号のメモを挟んでおくと良いかもしれません。
落石_地図
さて、ここから撮影地の丘に向かいます。
目の前の丘をそのまま正面の小高い丘に向かって歩きます。
夏場だと草の高さは膝くらいですが、長靴でいくのをオススメします。
傾斜地を延々と歩きますが、地盤は固いのでそれほど疲れません。
8分程歩くと撮影するポイントに到着します。
撮影ポイントは有名なのか、草が踏み固められていてすぐ分かります。
撮影場所は夏場でも風が強いので注意。
また場所がら、霧がかかりやすいので、十分注意のこと。
レインウエアのスボンを履いておくといいかもしれません。

撮影ですが、左側の落石海岸を入れるなら広角レンズが良いです。
撮影スポット以外にも色々な場所で撮影することができます。
広角~望遠までOK
ただ列車本数が少ないので、そんなに撮り分けは出来ませんが…
列車到達時間は、下り別当賀駅から5分程度、上り落石駅からは3分程度です。

【作例2】撮影ポイントより
落石02
Nikon D80 SIGMA 17-70mm F2.8-4.5

落石朝日食堂
落石市街の落石郵便局向かいに、落合集落では2軒だけあるうちの1軒の食堂(朝日食堂)があります。
(もう1軒は落石漁港のほうにあります)
旅人が時折寄るのか、旅ノートがありました。
画像は【エビラーメン(600円)】

後日談ですが、後でこの食堂が知人の実家だったことが判明してビックリしました(笑)

参考書籍
【北海道鉄道撮影地ガイドBEST60+2】P126
【お立ち台通信 vol.1】P39 (僕のガイドが載ってます)



根室本線 | 投稿者 鉄ネット・タカ 20:30 | コメント(0)| トラックバック(0) Twitter「つぶやく」ボタン
ブログパーツ アクセスランキング

【花咲線・釧網線】 釧路-東釧路

釧路駅から比較的簡単に撮影できるスポットです。
駅から歩いても20分くらいで到達できます。
「SL冬の湿原号」運転時には、撮影者で賑わう場所です。
釧路川 作例1
【作例1】Nikon D80 SIGMA 17-70mm

クルマの場合は駅からすぐ脇の道を左手(バスセンターの前の道路)に進むと、国道44号との交差点に出ます。
その先が旭橋です。
クルマは釧路川を渡って側道に入り降りた所をUターンします。
道路脇に社宅跡があるので、その入口付近に駐車することができます。
釧路川 地図

作例では、旭橋の上から撮影していますが、河原縁からも撮影できるので、撮影ポイントは他にも色々とあると思います。
右岸、左岸両方から撮影可能です。

光線状態は終日ほぼ順光です。
釧路川 作例2
【作例1】Nikon D80 SIGMA 17-70mm
根室本線 | 投稿者 鉄ネット・タカ 20:24 | コメント(2)| トラックバック(0) Twitter「つぶやく」ボタン
ブログパーツ アクセスランキング
ホビダス[趣味の総合サイト]