東北海道鉄道撮影地ガイド + 鉄音 道東近辺(主に釧路界隈)の撮影地ガイドです。少しだけ『鉄音』もあります。

東北関東大震災情報まとめ

東北関東大震災義援金

 

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

Google Map Logo
=GoogleMapsにて全撮影地を公開中=

国鉄色キハ40情報

 

GOMIZERO CLUB

 

<<  2011年 4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全ページランキング

最近の記事
【告知】ブログお引っ…
04/16 21:14
【出張】久しぶりの東…
04/07 14:52
【FMくしろ】鉄道番…
04/05 10:33
【鉄道コレクション】…
03/30 09:17
流氷見ながら流氷ノロ…
03/25 14:42
【釧路川】木材回収始…
03/16 14:44
【東日本大震災】震災…
03/14 09:55
流氷をゆく流氷ノロッ…
03/11 14:15
SL冬の湿原号スナッ…
03/08 09:41
冬の湿原号・重連運転…
03/02 16:59
最近のコメント
おしゃぶり好きのお…
babybaby 05/16 04:56
Youre the …
Brysen 05/13 16:17
Youre the …
Brysen 05/13 16:16
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 04:31
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 15:39
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 14:49
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 15:50
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 15:57
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 17:32
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 15:47


全アクセスランキング

最近のトラックバック
PowerShot …
11/23 18:45
"SLとかち"第2日
09/06 22:42
SLとかち号復活
07/26 09:32
2010/05/07…
05/21 00:27
【鉄道】キハ40系国…
03/16 18:31
JR最南端の駅・西大…
04/23 20:24
京浜急行 2100形
03/18 17:25
日豊本線 817系
09/30 18:34
嘉例川駅(鹿児島県)
09/14 06:01
特急 まりも
09/07 01:01

mixiを見る

【石北本線】生田原-金華 (150キロポスト)

 常紋峠の撮影地としては、以前紹介した「146kp」と並ぶ名撮影地と呼ばれています。
 通常金華駅近くの林道(常紋信号所を経由し、146kpに抜ける林道)からアクセスするのが一般的のようです。
ただこちらの場合は林道から斜面を降りて沢を渡り線路淵を少し歩いて撮影地の斜面を登らないとならないので、結構な体力を要すと思われます
こちらの行き方については【ezoほたるさんのサイト】をご参考にしてください。(地図上オレンジの破線

 今回紹介するのは、留辺蘂市街から北へ抜ける林道を使って撮影ポイントの至近距離までクルマで行くルートになります。(地図上ブルーの破線
150kp地図
 釧路から留辺蘂までのルートは「生田原-金華 (146キロポスト)」参照のこと。
 留辺蘂市街の国道242号と国道39号の交差点(角にセイコーマート有)を直進します。(国道39号を北見方向から来た場合は右折)
 石北本線の踏切を越えたすぐの道を右折し、その先2つ目のT字路を左折し「無加川」の橋を渡ります。
 そのまま道なりに北上して(段々細くなり途中でダートになります)2.5km程走ると左に出てくる「熊ノ沢林道」に入ります。
 3.5km程先の二股状の所を左方向へ。1.5km程走るとヘアピンカーブが出てきて、その先のストレートを400m程進んだ所の脇道に斜め左方向へ入ります。
 600m程度進んだ、2つ目のヘアピンカーブが目的地です。(カーブ外側に駐車スペース有)
 笹藪の中を降りていくと、伐採された斜面(作業用の小道のなれの果てがあります)が出てきて、正面の線路右側が常紋信号所(A地点)左手が金華方面(B地点)となります。

【作例/A地点】DD51 臨貨8071レ
8071レ 01
Nikon D80 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G
90mm(35mm換算:135mm)1/800 f10 ISO800 WB:晴天


 この場所から林道つたいに走り続けると常紋トンネルの上辺りで、金華~生田原の林道にぶつかります。(20分くらいかかります)
が、かなりの悪路なので車高の高いSUV(ちなみに僕の足はスバル・レガシィアウトバックです)でなければ走破は難しいと思われます。
通常の乗用車で行く場合は、素直に留辺蘂市街へ引き返すのがお薦めです。

 ルートは詳細にガイドしていますが、林道が何本か別れていますので、国土地理院のサイトで印刷して持っていくのをお薦めします。カーナビなどには表示されない道なのでこちらは参考になりません。

 コンビニ等は留辺蘂市街に数件あります。

※この界隈はヒグマの生息地域ですので、熊の出没(積雪期以外)には十分に注意してください。
9月に運行された【SL常紋号】の時も出没事例があったようです。
熊よけの鈴、ラジオ等音の出るものを持参したほうが安全です。
ちなみに今年(平成20年)は、根室管内の根室本線沿線で数度ヒグマと列車が衝突する事故が発生しているので、列車が通る場所といっても安全ではありません。


参考書籍
【北海道鉄道撮影地ガイドNAVI-59】P120
【北海道鉄道撮影地ガイドBEST60+2】P102
【北海道貨物列車撮影地ガイドBEST50+3】P36
【お立ち台通信 vol.1―鉄道写真撮影地ガイド (1) 】P31-32


石北本線 | 投稿者 鉄ネット・タカ 21:05 | コメント(4)| トラックバック(0) Twitter「つぶやく」ボタン
ブログパーツ アクセスランキング

【石北本線】旧白滝-下白滝(村名・白滝発祥の地)

紅葉の綺麗さでは、常紋峠よりも良いんじゃないか?と思える場所です。
「村名・白滝発祥の地」という、ちょっとした休憩所の脇という立地条件も良いです。
白滝発祥の地

撮影地までの行程ですが、生田原までは「生田原-金華」の項目を参照してください。


生田原を過ぎてそのまま遠軽方面に走り、遠軽市街入口付近で国道333号に入ります。
(そのまま道なりに進んでOKです)

丸瀬布を過ぎて7km程で左手に下白滝駅がありますが、その先眼下に旭川紋別自動車道のトンネルが見えた先の左側に駐車場が現れます。
この場所がいわゆる「村名・白滝発祥の地」です。
白滝発祥の地 地図
駐車場のすぐ下に東屋があってその隣に石碑が建ってるのですが、その奥が撮影ポイントです。
撮影できるのは下りのみで、上り列車は「後追い」になります。
撮影スペースはさほど大きくなく、5~6名くらい(三脚使用の場合)が限度のようです。

推奨レンズは35mm換算で70~135mmくらいが、線路脇の雄別川と渓谷を入れて撮影するのに丁度良い感じです。
編成のみですと200mmくらいが良いかもしれません。

【作例1】DD51 臨貨8073レ
白滝発祥 作例1
Nikon D80 SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
55mm(35mm換算:82mm)1/250 f6.7 ISO400 WB:曇天



【作例2】キハ40
白滝発祥 作例2
Nikon D80 AiAF85mm F1.8D
85mm(35mm換算:127mm)1/250 f6.7 ISO400 WB:曇天


コンビニは丸瀬布市街の国道沿いにセイコーマートがあります。

参考書籍
【北海道鉄道撮影地ガイドBEST60+2】 P100
【北海道貨物列車撮影地ガイドBEST50+3】 P30
【お立ち台通信 vol.1】 P28


石北本線 | 投稿者 鉄ネット・タカ 09:13 | コメント(0)| トラックバック(0) Twitter「つぶやく」ボタン
ブログパーツ アクセスランキング

【石北本線】生田原-金華 (146キロポスト)

いわゆる石北本線といえば「ココ!!」と言うほど、定番中の定番の場所です。
蒸気機関車の時代から有名撮影地でした。

釧路からは国道240号を延々を走り津別町を抜け道々27号で北見方面へ走ります。
通常ですと北見市内に出てから国道39号を留辺蘂方面へ走るのですが、交通量も多く結構時間がかかります。
そこで裏道で留辺蘂へ向かいます
開成地図1
開成峠の分水嶺から6km程走ると開成川を渡のですが、橋の手前を左折します。
道なりに進むと道々986号にぶつかるのでそこを右折し少し行った道々50号を左折。
最初の信号を右折→旧銀河線を越えてすぐ左折し、直線の農道に出ます。
開成地図2









8km程走るとそのまま道々261号になり、そのまま10km程走ると国道242号にぶつかります。
そこを右折すると5分程で留辺蘂市街の国道39号に入れます。

留辺蘂市街から国道242号遠軽方面へ左折します。
20km程で生田原です。
釧路市街から生田原まで、上記ルートで約2時間半です。
146キロポスト地図
 市街地に入る手前の川を渡るとすぐに右折して小さい道に入ります。
道なりに6km程走ると常紋峠への林道に入ります。
線路と並行したフラットダートを数分走ると線路を渡る踏切があり、ここから峠道となります。
線路に近づくコーナーを3つ程行った所がポイントです。
駐車は林道上しかないので、なるべく路肩に寄せて通行の邪魔にならないようにしてください

撮影ポイントはそのカーブから下へ降りる土手を下っていきます。
撮影用に伐採?されているので場所はそれなりに広いです。
といってもキャパシティは10名程度といったところ。
紅葉の時期は週末ともなると結構な人出になります。


推奨レンズは中~超望遠までどれを使用してもOKといったところです。
良い場所がゲット出来れば中望遠がベターですが、先客で自由に場所が取れない場合は、望遠で逃げるしかないようです。

【作例1】DD51 臨貨8073レ
生田原146k 作例1
Nikon D80 SIGMA 28-200mm F3.5-5.6 ASPHERICAL MACRO
92mm(35mm換算:138mm)1/125 f8 ISO400 WB:オート


【作例2】DD51 臨貨8073レ
8073レ 02
Nikon D80 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G
170mm(35mm換算:255mm)1/500 f8 ISO800 WB:晴天


コンビニは生田原駅付近の国道沿いにセイコーマートがあります。

参考書籍
【北海道鉄道撮影地ガイドBEST60+2】 P102
【北海道貨物列車撮影地ガイドBEST50+3】 P36
【お立ち台通信 vol.1】 P30
石北本線 | 投稿者 鉄ネット・タカ 11:27 | コメント(0)| トラックバック(0) Twitter「つぶやく」ボタン
ブログパーツ アクセスランキング

【石北本線】西留辺蘂-金華

 留辺蘂市内からほど近く、アクセス良好なポイントです。
 留辺蘂市街から国道39号を温根湯方面に向かい、遠軽方面の国道242号に入り生田原方面に少し走った場所です。
 清見橋を渡った先の左手に駐車スペースがあります。
西留辺蘂 地図
 そこから生田原方向に100m位歩くと左の土手を尾根伝いに上っていく入口があり、伐採された場所を登って行きます。
 撮影に来る人が多いので、ちょっとした獣道のようになってるので分かりやすいです。
 山の中腹に2名程のスペース、そこから10m程登った場所に3名程のスペースがあります。
 夏場は木の葉が茂っているので、その隙間から狙う感じになります。
 下り方向はまったく見えないので、上り列車のみの撮影(下りは後追い)になります。
 レンズは中望遠~望遠がベスト。

【作例1】SL常紋号 C11+14系客車
SL常紋号01
Nikon D80 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G
130mm(35mm換算:195mm)1/400 f11 +0.7EV ISO400 WB:晴天


【作例2】DD51 臨貨8072レ
8072レ 01
Nikon D80 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G
120mm(35mm換算:180mm)1/400 f5.6 ISO800 WB:晴天


コンビニはR39号とR242号の交点の角にセイコーマートがあります。

【北海道貨物列車撮影地ガイドBEST50+3】 P37
【お立ち台通信 vol.2】 P36
石北本線 | 投稿者 鉄ネット・タカ 20:59 | コメント(0)| トラックバック(0) Twitter「つぶやく」ボタン
ブログパーツ アクセスランキング
ホビダス[趣味の総合サイト]